2010年06月08日

小沢氏辞任で「一定のけじめ」と枝野幹事長(読売新聞)

 民主党の枝野幹事長は7日に党本部で開かれた記者会見で、小沢一郎前幹事長が「政治とカネ」の問題の責任を取る形で辞任したことについて「一定の政治的なけじめをつけられた」と述べ、野党が求める小沢氏の証人喚問については慎重な姿勢を示した。

 また、枝野氏は「今日を機に、いわゆる企業・団体献金は個人としては一切受け取らない」との考えを表明した。

「努力報われる社会に」樽床氏が記者会見(読売新聞)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
アレルギー発症抑制分子を発見 筑波大グループ(産経新聞)
野村証券に510万ドル請求=「米巨額詐欺めぐり損失」―海運会社が提訴・東京地裁(時事通信)
長谷川穂積「世界一強い父、再び見せたい」 ベスト・ファーザー賞に8人(産経新聞)
posted by オノザワ シゲフミ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。