2010年04月29日

<検察審議会>議員ら参院選へ影響注視 「不起訴相当」議決(毎日新聞)

 「ほっとした」「残念だ」−−。鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第4検察審査会が26日、鳩山首相について「不起訴相当」とする議決を公表したことを、今夏参院選の候補者たちはさまざまに受け止めた。審査会は一方で、規正法を「世間一般の常識に合致していない」と強く批判。近く別の審査会による小沢一郎民主党幹事長に対しての議決も予想され、その結果が注目される。【曽田拓、前谷宏】

 裁判官や検事などの経験がある民主党の小川敏夫参院議員(62)は「ほっとした」。7月と見込まれる参院選で改選を迎えるが、22日には鳩山首相の元公設第1秘書に有罪判決が言い渡されたことから「(議決は)不幸中の幸い」と話した。

 同じく民主公認で改選の加藤敏幸参院議員(61)は「あまり意識はしていなかった」。選挙への影響についても「報道などは政治とカネや普天間に焦点を絞っているが、現政権はさまざまな政治課題に愚直に取り組んでいる。夏までにプラスの要素はもっと起こり得る」と期待する。

 一方、民主から参院選に立候補予定のジャーナリスト、有田芳生氏(58)は「小沢さんの件がどうなるか。そこまで見ないと、(選挙への影響は)分からない」と懸念する。

 自民党公認で参院選に臨む予定の松浪健四郎前衆院議員(63)は「権力に迎合するような結果になったことを残念に思う」。一方で選挙については「今のままなら鳩山首相が残ってくれた方がやりやすい」と話した。

 同じく自民公認で出馬予定の猪口邦子元少子化担当相(57)は「街角で有権者と話すと首相の金銭感覚が一般市民とかけ離れていると実感できる。資金の使い道などに不透明さが残ることを国民は分かっている」と指摘。みんなの党幹事長の江田憲司衆院議員(53)は「巨額の資金が何に使われたのかは不明なままだ。司法の場で一区切りついたのだから、鳩山首相は国会で説明責任を果たすべきだ」と主張した。

【関連ニュース】
陸山会事件:「冷静な判断を」小沢氏、検察審査会に
検察審査会:鳩山首相「不起訴妥当」も説明に強い疑念表明
検察審査会:鳩山首相「不起訴相当」の議決 偽装献金事件
検察審査会:PRのDVD制作 最高裁
福知山線脱線:JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士

<日立刺殺>現場近くの会社員逮捕 茨城県警(毎日新聞)
将棋 三浦の策に羽生長考 名人戦第2局(毎日新聞)
日中当局が会議開催=ギョーザ事件で情報交換−警察庁(時事通信)
平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)
明美ちゃん基金 千葉・船橋 斉藤秀子さん 善意「息子の供養に」(産経新聞)
posted by オノザワ シゲフミ at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。